支店長弁護士インタビュー

渋谷支店長 第二東京弁護士会加藤 秀俊弁護士

泉総合法律事務所 渋谷支店長、加藤秀俊(かとう ひでとし)弁護士のインタビューです。ご相談いただくにあたり、心がけていることなどをインタビューしました。

静かで、ゆったりとした雰囲気の相談室です

――― まずは、渋谷支店についてお聞かせください。渋谷支店の事務所周辺の街の雰囲気や印象、駅からの道のりや、道の分かりやすさなど、来所しやすさにつながっている特徴をご紹介ください。

当事務所(渋谷支店)から青山通りを南西方面に向かい、宮益坂を下ると、渋谷の駅前に出ます。
高架をくぐり、有名なスクランブル交差点を抜けると、渋谷の繁華街です。

また、青山通りを北東(表参道方面)に進むと、駅伝でも有名な青山学院大学のキャンパスがあり、そこから更に歩を進めると表参道エリアです。

そのため、事務所の近辺には、学生さん・サラリーマン・ショッピングを楽しむ方など、様々な世代・職業の方で、いつも賑わっています。

このような賑やかな通りも、一つ路地を入ると雰囲気が変わります。静かでムードのあるレストランや、お洒落なセレクトショップが立ち並ぶ、落ち着いた雰囲気の路地が連なります。
事務所のある青山シティビルも、青山通りから1本入った道にあり、出入りの際にも人目につきにくく、プライバシーが保たれています。

 

――― 事務所の相談室の特徴をご紹介ください。また、ご相談者様のプライバシー配慮、相談しやすい雰囲気のために工夫していることがあればご紹介ください。

エレベータで3階に降りるとすぐに、当事務所のエントランスがあります。右手側の奥が相談室です。

相談室は比較的大きな部屋で、幅の大きなテーブルと、8名分の椅子を用意しても十分なスペースがあります。ご家族でのご相談など、大人数の場合でも、ゆったりとした雰囲気でご相談いただけます。

また、相談室は防音にも配慮してあり、相談に集中できる静かな環境が整っています。

 

――― 加藤先生のご相談者様への対応についてお聞かせください。レスポンスを早めるために心がけていることや、フットワークの軽さ、ご相談者様と同じ目線で法律相談をするために心がけていることなどをご紹介ください。

相談の際にはなるべく法律用語や難しい言葉を使わず、日常的な簡単な言葉を使ってご説明をするよう心がけています。

ご依頼者様が、抱えていらっしゃる問題に対して、最終的にどのような解決を希望なさっているのかを丁寧に聴き取り、それが法的・現実的に実現可能か、具体的にどのような対応をすべきなのかを分かりやすくお伝えするようにしています。

ご連絡いただいた際には、可能な限り速やかに必要なご連絡ができるよう心がけています。 主として刑事事件を担当しており、接見のために警察署に行っていたり、示談交渉のために被害者が指定した場所に行っているなど、事務所にいない時間が比較的多いため、移動中の電車の中などでもメールを送信してご連絡をするなどしています。

 

何事も全力で臨まなければ良い結果は生まれない

――― 先生にとって、事件解決に取り組む際のモチベーションや、事件解決にどのように取り組んでいきたいかの意気込みなどをご紹介ください。

私の信条は “全力” です。約11年間、検事として仕事をしてきましたが、検事として仕事をしてきたときも、弁護士として活動する今も、常に “全力” で事件に取り組んでいます。

刑事事件などは特にそうですが、弁護士が出てくる場面というのは、その方の「人生が掛かっている」と言っても過言ではない、重要な局面です。被疑者も、被害者も、そのご家族も、 “全力” で臨むことから信頼を勝ち得られるようになります。

その “全力” のエネルギーとなっているのが、『理不尽な状況におかれている方の権利利益を擁護したい』という、強い思いです。

その思いを胸に、一つ一つの案件に “全力” で当たり、最終的に「この弁護士に頼んで良かった」と思っていただけることが、事件に取り組むうえでの喜びです。

また、気持ちだけでなく、具体的な行動も重要です。
「そのときにできることはすぐに行う」「作業を後回しにしない」といったことを実践しつつ、迅速かつ適正な解決に向けて、日々事件に取り組んでいます。

 

――― 法律相談における早期相談の重要性について、痛感したエピソードがあれば、ご紹介ください。

刑事事件を起こして逮捕されてしまった場合、「逮捕直後」の段階でご相談が極めて重要です。 その段階でご相談いただければ、速やかに弁護人として活動し、早期の釈放を実現できる場合は多数あります。

他方、弁護人がついていなかったために長期間の身柄拘束をされてしまい、そのことによって勤務先を解雇される例は多いです。
そのような重大な不利益を回避するためにも、刑事事件においては特に早期相談が重要だと思います。

 

――― 最後に、お聞きします。加藤先生は弁護士として、ご相談者様に何を提案又は提供したいとお考えですか。

依頼者の方とともに、「よりご満足いただける方法は何か」を常に考えながら、事件の解決に向けた具体的な提案を行っていきたいと考えています。

依頼者の方からその問題についてどのような解決を望んでいらっしゃるのかを聴き取り、それが法的・現実的に実現可能なものであれば、実現するための具体的な手段をご提案いたします。具体的な手段が複数ある場合にはそれぞれのメリットとデメリットをご説明した上で、どの手段がその事案において最もよいのかについて、私なりの意見も申し上げます。それを踏まえた上で、最終的にとるべき手段を決定していただき、具体的な解決に進んでいきます。

また、道義的には相手方が悪いと言えても法的にとり得る手段がない場合など、依頼者の方が気持ちの面で整理をつけることが困難な場合もあります。そのような場合、直接的な解決手段とはならなくとも、何らかの対応をとることができないかどうかを依頼者の方とともに考えていきたいと思います。

 

――― インタビューは以上です。加藤先生、ありがとうございました。

ありがとうございました。

無料相談受付中! Tel: 0120-550-817 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-550-817
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ