不倫慰謝料 [事例4]

不貞相手の妻から慰謝料400万円の請求⇒150万円で和解成立

40代女性
立場慰謝料請求額
慰謝料を請求された側 400万円⇒150万円

背景

Aさんは、会社の同僚男性から夫婦関係の悩みについて相談され、たびたび二人で会うようになりました。当初は、男性の相談に乗って話を聞いているだけの関係でしたが、次第に男性から肉体関係を求められるようになりました。Aさんは、初めは断っていたのですが、男性からの強いアプローチが続き、「夫婦関係は冷めきっている」と聞かされていたこともあり、最終的には不貞関係をもつに至ってしまいました。
その後、しばらくして、男性の妻からAさんに400万円の慰謝料を請求する内容証明が届きました。400万円の支払いは難しいと感じたAさんは、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

対応

Aさんからご依頼を受けた後、さっそく相手方に連絡を取り、減額交渉を開始しました。
本件では、Aさんと不貞相手が不貞関係をもった時点で、すでに相手方夫婦が離婚を視野に入れて別居していたという事情がありましたので、その点を減額事由として主張して交渉する余地がありました。
また、Aさんとしては150万円までであれば用意可能とのことでしたので、できる限りその金額に近づけることを目標として交渉を続けていくことにしました。

結果

Aさんらが不貞関係を持つに至る前から相手方夫婦の夫婦関係が破綻に準ずる関係にあったことや、不貞関係に至った主導性は不貞相手である男性側にあったことなどを主張しつつ、粘り強く交渉を続けたところ、最終的には当初の請求額である400万円から大幅に減額した150万円で示談することができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-550-817 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-550-817
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ