刑事事件 [事例1]

電車内のトラブルから暴行⇒示談して不起訴

50代男性
罪名結果
暴行 不起訴

背景

会社の飲み会の帰りに電車に乗ったAさんは、電車から降りようとした際にドア付近にいた男性の腕を手で払いました。
そうしたところ、その男性との間で口論となり、駅員や警察官が介入する事態となりました。
Aさんは、そのまま警察官と一緒に警察署に移動して話を聞かれ、奥さんが迎えにきたことでその日に帰ることができましたが、相手の男性が暴行によって被害届を出したことで、その後も被疑者として捜査を受けることになりました。

対応

Aさんから、示談をして不起訴にしてもらいたいとのことでご依頼がありました。
ご依頼をいただいた後、Aさんに相手の男性宛ての謝罪文を書いていただきました。その謝罪文とAさんに準備していただいた示談金を持って相手の男性と示談交渉を行いました。当初は、相手の男性も怒っていましたが、謝罪文を読んでいただいた上でAさんの普段の生活態度や反省の状況をお伝えしたところ、徐々に相手の男性の態度が軟化し、示談金も受け取っていただくことができ、示談書にも署名をしていただきました。

結果

示談書とともに不起訴処分を求める内容の意見書を検察官に提出したところ、Aさんは不起訴処分となりました。今回、Aさんから事件後の比較的早い段階でご依頼をいただき、速やかに示談交渉に入ったことから、円滑に示談交渉を行うことができ、円満に示談を成立させて不起訴処分を獲得することができました。この種の被害者の方がいる事件では、事件後、早い段階でご依頼をいただいた方が不起訴処分を獲得できる可能性が高まるということを改めて感じました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-550-817 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-550-817
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ